つるブロ

Tomei-Yokohama BMW/MINI 町田鶴川

BMW/MINI VILLAGE MALL


BMW,MINI正規ディーラー,認定中古車,サービス工場

日本における48V マイルド・ハイブリッドについての現状

iPhone 12 Proで東京の夜景を撮るのが趣味になりそうな、BMW Geniusの4cylinderです。

 

早速撮ってきました。

下の写真は東京駅です。

 

f:id:tomeiyokohama-bmw-mini:20201105193956j:plain 

 

以前のiPhoneだと、暗い部分である夜空や地面付近にもっとノイズが乗りそうなものですが、良くなったと感じますね。

 

閑話休題。

本日のテーマは「マイルド・ハイブリッド」についてです。

 

最近、ニュースでよく見かけますよね。

「20XX年以降は内燃機関車の販売禁止」

このお触れに対し、数多の欧州メーカーが導入するのがこのマイルド・ハイブリッド。

 

「まずマイルド・ハイブリッドとは何?」

 

それは、モーターのみで走行ができず、走る時は必ずエンジンも動き、モーターはアシストに徹するハイブリッドシステムを指します。

同時にヨーロッパの規格で、車両の一般電源電圧を従来の12Vから48Vへと引き上げ、高出力化および高効率化に対応させるということもしているので、48Vマイルドハイブリッドと呼ばれています。

 

対して、モーターのみで走行ができるハイブリッドシステムはストロング(もしくはフル)ハイブリッドと呼ばれます。

 

f:id:tomeiyokohama-bmw-mini:20201106074747j:plain

 

マイルドハイブリッドに必要なコンポーネントは、上の写真のように少しで済みます。

 

「販売中のマイルド・ハイブリッドモデルは?」

 

日本はまだ対応していません!

(もう間もなく一部エンジンは対応する予定があります!)

 

最近、これに関して多く問い合わせをいただいています。

 

新型のBMWのエンジンはマイルド・ハイブリッドであるかという点。略記するとMHVかと思いますが、参考とするいくつかのメディアにはMHEVと記載されていましたので、以下MHEVと略します。

 

確かに、ネット記事を見ると、デビューしたばかりの5シリーズなどは特に、以前はディーゼル車だけだったものがガソリンエンジンまで拡張されたため、マイルドハイブリッドであると書かれていることが多いです。

が、それは欧州など、他国での話です。

 

と、いうことで今回は海外のBMWのMHEV情報を先取りします。

 

まず、私がヨーロッパ向けの資料を読み込んだところ、MHEVの主な機能は

  • 低速域における8kW/11PS のパワーアップ(PHEVのeBoostと同様)
  • エンジン・オフ・コースティングというエンジン停止しての惰性走行(25km/h~160km/h, PHEVと同様)
  • 減速時のオートエンジンストップは時速15km/h以下から (PHEVは140km/h以下であればエンジン停止可能)
  • 以上の機能はECO PROモードでなくても動作するように
  • エンジン再始動は迅速でスムーズ(推測だがPHEVほどではないかも?)
  • 燃費向上効果は最大で10%
  • (エンジン・オート・スタート・ストップ機能オフボタンは消滅?)(PHEVと同様)

ということで、要するにPHEVの機能を概ね継承する形となっています。

 

 

「それではBMWはハイブリッド化を推進しないのか?」

 

むしろ推進しているのは電動化と言うべきでしょう。

 

BMW Japanでは現在、よりEVに近いフルハイブリッドとして、プラグインハイブリッド(以下PHEV)のみをラインナップしています。

 

こちらは、電気モーターのみで時速100km出せますし、カタログ上は50km近い航続距離を持ちつつ、そこそこのガソリンタンク容量を持っています。

 

あくまでPHEVの方が、ハイブリッドとしては完成形に近いのではと思います。

 

特徴として、モデル名の末尾にeが付きます。

現在生産されているものは、330e, 530e, 745e, 745Le xDrive, X3xDrive30e, X5xDrive45e, i3(レンジエクステンダーEV)です。

以前存在した225xeは2020年6月いっぱいで生産終了、i8はさらに前の2月で生産終了しています。いずれも発表から6年近く経っていましたので、在庫無くなり次第終了といったところでしょうか。

 

「ではネット記事に載っていた内容は何なのか?」

 

BMWは基本的に

3月 or 4月 (spring update)

7月 or 8月 (summer update)

11月 or 12月 (autumn update)

の4か月スパンでアップデートが行われます。

新型のモデルがデビューし、生産が開始されるのもこのいずれかの時期となっています。

 

BMW ドイツ本社はアップデート内容をプレス発表しているため、それを元に日本語でも各所で様々な記事が出るのです。

 

「海外のBMWはどうなっているのか?」

 

実際に行われた商品アップデートを明らかにすると、

 

まず2019年9月17日に、5シリーズの4気筒ディーゼルモデル(520d/520dx)がBMW初、48Vマイルドハイブリッド対応となることが発表されました。

 

また当時、発表後間もなく、日本には導入されない旨の伝達も社内に対して行われました。

 

そして今年の3月、7月のタイミングで一気に拡大され、現在は基本的に3シリーズ, X3以上の車両が主で、海外でのMHEVは

4気筒ディーゼルエンジン (18d, 20d)

6気筒ディーゼルエンジン (30d, 40d)

新型5シリーズの4気筒ガソリンエンジン (20i, 30i)

6気筒ガソリンエンジン (40i)

となっています。もちろん、まだまだ全モデルMHEVとなっているようではなさそうです。

 

 このうち、日本には30d、40dの導入予定があります。

 

具体的な車種は

X3 M40d…採用車種で唯一のM付きディーゼル。スペックは他の40dと同じです。

X5 xDrive 35d…海外名では30d。スペックは変わりません。元々とても静かなエンジンでした。

X6 xDrive 35d…X5とX6は全く同じエンジン。

X7 xDrive 40d…こちらも以前はX5, X6と全く同じエンジンでしたが、スペックがワンランク上に差別化されました。

 

あくまで予定検討段階の情報なので、ご了承ください。

 

☆BMWの直6ディーゼル豆知識

 

日本でも一部モデルで採用がある、3リッター直列6気筒ディーゼル・エンジン。

型式名から、B57エンジンと呼びます。

3つのグレードを一つの排気量で対応するという、欲張りなコンセプトです。

出力差は、排気量をそのままにターボ数を変えて、過給方式を最適化して対応するというイマドキらしいアイデア。スペックは車種により多少の違いがありますが、

30d(日本名は35d) 265ps/620Nm VGターボ

40d 326ps/700Nm VGターボ+モノスクロールターボ=ツイン・ターボ

50d 400ps/800Nm 上記構成が各3気筒ずつに分かれた、クアッド・ターボ

 

意地でも直6を使い、ターボを使い分けるという、直6魂ここにありというエンジンとなっています。

 

また新しさに溢れたディーゼルも良いですが、直6ガソリンエンジンも忘れてはいけません。

ほぼ無音かつ無振動のアイドリング、低回転時の独特な音色、高回転時の澄んだ高音は、やはり今のBMWでしか味わえないものと思います。

採用車種もハイクラスの車が多く、本国よりスペックが上のZ4M40i、そもそも本国では販売していない740iもあり、環境規制ギリギリで許されている走りを味わえるのもまた、今だけだと考えております。